ビザ申請準備!住民税の課税・納税証明書

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 10時~18時)

ビザ申請準備!住民税の課税・納税証明書

日付:2016年1月28日

住民税の課税(所得)証明書とは、市・県(府)民税の税額と

前年の1月から12月末までの所得(収入)などの課税内容に関する証明書です。

また、納税証明書は、納税額や未納の税額がないことを証明する書類です。

 

【大阪市の納税証明書見本】

納税証明書見本

どこで入手するのか?

課税証明書も納税証明書も1月1日時点で住民登録している住所地の市区町村の役所で発行してもらえます。

直接窓口へ行かなくても郵送でも請求することもできます。

通常、請求するときには以下の書類が必要です。

・請求書(窓口においてあります。)

・印鑑(請求書に押印が必要です。)

・身分証明書

・手数料(自治体によって異なります。)

 

本人以外でも、本人からの委任があれば代理人でも申請できます。

当事務所では、ご本人の負担を減らすためご本人からの委任に基づき代理請求も可能です。

 

書類のチェックポイント

  • 年度に注意!

税金の金額は所得(収入)のあった年の、翌年の6月1日に決定されます。

そのため、課税(所得)証明書の年度は、前年中の所得(収入)の内容になります。

例)平成27年度課税(所得)証明書には、前年の平成26年1月から12月末までの所得金額が表示されます。

 

  • 1月1日時点の住所に注意!

ある年の1月1日から12月31日までの所得に対して、

翌年の1月1日現在の住所地の市区町村が課税をする仕組みになっています。

引っ越しをされた方は1月1日時点の住所に注意してください。

例)平成27年度の課税(所得)証明書は、平成27年1月1日に住んでいた住所地でしか取得できません!

 

  • 未納額がないか確認

納税証明書はきちんと納税していることを証明するために提出します。

未納がある場合は、未納分を支払ってからもう一度納税証明書を取得しましょう。

お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ