外国人による家事支援サービス、いよいよ大阪で始まります!(6月)

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 9時~18時)

外国人による家事支援サービス、いよいよ大阪で始まります!(6月)

日付:2016年4月21日

政府から、外国人による家事支援サービスの受付を大阪市内で6月以降認める、との発表がありました!(2016年4月14日)

家事をする人

大阪府は神奈川県とともに国家戦略特区に指定されていて、昨年から法整備などが進められていました。

神奈川県では、2016年3月28日から受け付けスタートしていますが、大阪府ではまずは大阪市内6月を目途にスタートする予定です。

内閣府によると、現時点ではフィリピンからの受け入れのみを念頭に調整しているようです。

 

この事業を行うためには、家事代行業者などが「特定機関」として条件を満たしているか確認が必要です。

「特定機関」の条件については、以前に以下の記事でまとめているのでチェックしてみてください。

また、政府や神奈川県のホームページも要チェックです!

 

【参考ページ】

外国人による家事代行サービス事業がスタートします!(大阪・神奈川)

内閣府地方創生推進事務局

神奈川県(家事支援外国人受入事業)

 

続々とお問合せが来ています!

当事務所にも関心のある事業者さまからお問合せいただくのですが、「特定機関」の条件の1つである

「日本で3年以上の家事代行・家事補助の業務に係る事業を行っている者」について。

具体的には、炊事、洗濯、掃除、買物、児童の日常生活上の世話及び必要な保護のうち

いずれかに関する業務を行っている実績があることが求められるのですが、これに、「訪問介護事業」が該当するのかどうか?

神奈川県では事業内容などによって個別に判断するとのことでした。

大阪ではどのような取り扱いになるのか今後確認していきたいと思います。

 

また、特定機関の申請をしてから許可がおりるまでの標準審査期間については、

個別の状況や書類の内容などにより前後するので、今の段階では設定していないようです。(神奈川県)

実際に審査が進んでいけば公表されるかもしれませんね。

 

送り出し国をフィリピンに絞る(現時点)ことについてですが、

フィリピンは国をあげて家事支援人材を育成・国外へ派遣しているので、この点には納得です。

フィリピンから家事支援人材を受け入れる際には注意が必要で、日本の職業紹介事業者を介して人材を採用する必要があるんです!

そのため、特定機関になって外国人の受け入れを考えている事業者の方は、

・フィリピン国内機関との間で職業紹介事業を行える日本の職業紹介事業者に対して求人登録するか

・家事支援事業者自ら職業紹介事業の許可を取得する

必要があります。職業紹介事業の許可は申請から許可がおりるまで一定の期間がかかるので要注意です。

※くわしくはこちら→

 

これからも本事業に関する詳しい情報をアップしていきますので是非チェックしてください!

また当事務所では、本事業に関するご相談、特定機関の申請代行、職業紹介事業の申請代行(提携社労士)など行っておりますので、

お気軽にご連絡くださいませ!

お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ