必要書類をそろえてLet’s ビザ申請!企業単独型「技能実習イ」編)

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 10時~18時)

必要書類をそろえてLet’s ビザ申請!企業単独型「技能実習イ」編)

日付:2016年1月26日

企業単独型「技能実習イ」に関する必要書類です。

状況によっては下記以外の資料などが必要になる場合があるので申請の際は入国管理局に確認してください!

1.外国人技能実習生が入国する前に準備する「在留資格認定証明書交付申請」

2.在留期間の更新をする「在留期間更新許可申請」

3.1号から2号へ移行する「在留資格変更許可申請」

 

1.外国人技能実習生が入国する前に準備する「在留資格認定証明書交付申請」

※在留資格認定証明書についての説明はこちら→

外国人技能実習生を選抜し、実習計画を立てたら在留資格認定証明書の交付申請をします。

申請してから在留資格認定証明書が交付されるまで、だいたい1~3カ月程度かかります。

スケジュールに合わせて余裕を持って申請しましょう。

ただし、在留資格認定証明書は有効期間が3カ月間と決まっているので、早ければいいというわけではありませんよ~!

 

必要書類 説明・補足
①在留資格認定証明書交付申請書
②写真1枚 縦4㎝×横3㎝、①申請書の写真欄に貼る
③返信用封筒 宛先を明記し簡易書留用の切手を貼る
④技能実習の内容を明らかにする文書

(1)招へい理由書

(2)技能実習1号実施計画書

(3)講習実施予定表

講習中の待遇概要書
⑥帰国後に関する文書(次のいずれか)

(1)技能実習生派遣状

(2)復職予定証明書

(1)(2)とも本国の所属機関が作成したもの、書式は自由
⑦送り出し機関の概要を明らかにする資料

(1)送り出し機関概要書

(2)送出し機関の概要が分かるパンフレット等

(3)送出し機関が登記・登録されていることを証する公的な資料

⑧実習実施機関概要書 参考様式
⑨実習実施機関の登記事項証明書又は実習実施機関の概要が分かるパンフレット等
⑩実習実施機関の損益計算書,貸借対照表
⑪実習実施機関が現在受け入れている技能実習生名簿 国籍,氏名,生年月日,在留カード番号、上陸年月日,在留資格,在留期限等を記載した名簿、書式自由
⑫外国の所属機関と本邦の実習実施機関の関係を示す文書(次のいずれか)

(1)外国の所属機関が本邦の実習実施機関の海外の事業所,子会社等の場合は,出資率及び出資額が明記された日本の財務大臣あて対外直接投資に係る外貨証券取得に関する届出書の写し

(2)外国の所属機関が本邦の実習実施機関と取引関係のある企業の場合は,信用状及び船荷証券(航空貨物運送状を含む)の写し

⑬申請人の履歴書  書式自由
⑭送出し機関及び実習実施機関と技能実習生の間に締結された技能実習実施に係る次の契約書の写し

(1)送出し機関と技能実習生との間で締結された契約書の写し

(2)実習実施機関と技能実習生との間で締結された契約書の写し

(1)本国の所属機関が作成し,申請人に交付した出向命令書及び転勤命令書・辞令を含む
⑮労働条件通知書の写し 申請人が理解できる言語で記載され,かつ,申請人の署名があるもの
⑯技能実習指導員の履歴書 書式自由
⑰講習の内容を証明する文書

(1)実習実施機関が本邦外において実施した講習を受けた場合は,次の文書

ア 海外の講習実施施設の概要を明らかにする文書

イ 実習実施機関と海外の講習実施施設との間に締結された講習実施に係る契約書の写し

ウ  実習実施機関が作成した本邦外における講習・外部講習実施(予定)表

(2)外国の公的機関又は教育機関が実施した外部講習を受けた場合は,次の文書

ア 外部講習を実施した公的機関又は教育機関の概要を明らかにする文書 1通

イ 公的機関が講習を他の機関に委託した場合は,委託契約書等委託関係を明らかにする資料及び当該他の機関の概要を明らかにする文書 各1通

ウ 外部講習を実施した公的機関又は教育機関が作成した本邦外における講習・外部講習実施(予定)表

(3)「技能実習1号イ」の上陸許可基準省令第1号に規定する本邦若しくは外国の公私の機関が実施した外部講習を受けた場合は,次の文書

ア 海外の講習実施施設の概要を明らかにする文書 1通

イ 外部講習を実施した本邦若しくは外国の公私の機関が作成した本邦外における講習・外部講習実施(予定)表

 

2.在留期間の更新をする「在留期間更新許可申請」

在留資格認定証明書の交付申請のときに、1年間の在留期間を希望しても

「6カ月」の在留期間しか与えられない場合があります。

この場合、「技能実習1号ロ」の在留期間を更新する必要があります。

(もし、最初の段階で「1年」の在留期間が与えられれば、更新はせずに2号への変更を行えばOKです!)

また、技能実習2号ロに変更後にも1度更新が必要です。

 

在留期間更新許可は在留期限の3か月前から申請できます。

手数料が4,000円必要なので、新しい在留カードをもらいにいくときに

手数料納付書に収入印紙を貼って提出しましょう。最初の申請のときにはまだいりません。

 

必要書類 説明・備考
①在留期間更新許可申請書
②写真 縦4㎝×横3㎝、①申請書の写真欄に貼る
③パスポート・在留カード 提示
技能実習1号実施計画書(1号の更新の場合)、技能実習2号実施計画書(2号の更新の場合) 在留資格認定証明書交付申請のときに提出したものの写し、変更がある場合は朱書きする
技能実習・生活状況等報告書
⑥実習実施機関と技能実習生との間に締結された技能実習実施に係る契約書の写し
⑦労働条件通知書 申請人が理解できる言語で記載され,かつ,申請人の署名があるもの
⑧申請人の年間の収入及び納税額に関する証明書
⑨実習実施機関が現在受け入れている技能実習生名簿 国籍,氏名,生年月日,在留カード番号,上陸年月日,在留資格,在留期限等を記載した名簿,書式自由

 

3.1号から2号へ移行する「在留資格変更許可申請」

いよいよ1号から2号への資格変更です。

手数料が4,000円必要なので、新しい在留カードをもらいにいくときに

手数料納付書に収入印紙を貼って提出しましょう。最初の申請のときにはまだいりません。

 

必要書類

説明・備考

①在留資格変更許可申請書
②写真 縦4㎝×横3㎝、①申請書の写真欄に貼る
③パスポート・在留カード 提示
技能実習2号実施計画書 在留資格認定証明書交付申請のときに提出したものの写し、変更がある場合は朱書きする
⑤帰国後の業務に関する文書

(1)技能実習生派遣状

(2)復職予定証明書

在留資格認定証明書交付申請のときに提出したものから変更がある場合のみ提出
⑥送出し機関と技能実習生との間で締結された契約書の写し 在留資格認定証明書交付申請のときに提出したものから変更がある場合のみ提出
⑦実習実施機関と技能実習生との間で締結された契約書の写し
⑧労働条件通知書の写し 申請人が理解できる言語で記載され,かつ,申請人の署名があるもの
⑨技能実習指導員の履歴書 在留資格認定証明書交付申請のときに提出したものから変更がある場合のみ提出
⑩基礎2級の技能検定その他これに準ずる検定又は試験に合格していることを証する文書の写し
技能実習・生活状況等報告書
⑫申請人の年間の収入及び納税額に関する証明書
⑬実習実施機関が現在受け入れている技能実習生名簿 国籍,氏名,生年月日,在留カード番号,上陸年月日,在留資格,在留期限等を記載した名簿,書式自由
お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ