ビザ申請準備!不動産登記簿謄本

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 10時~18時)

ビザ申請準備!不動産登記簿謄本

日付:2016年1月28日

1.そもそも不動産登記簿謄本とは

不動産登記簿謄本には、土地・建物の所在・面積、所有者の住所・氏名、

その物件の権利関係などが記載されていて、誰でも取得することができます。

権利関係などの状況が誰にでもわかるようになっているので、

不動産取引などの場合に取引の安全を確保する役割を果たしています。

 

【不動産登記簿謄本見本】

不動産登記事項証明書見本

※法務省サイト参照

 

2.どこで入手するのか?

不動産登記簿謄本はだれでも請求することができます。

請求の方法は以下の2通りあります。

 

  • 法務局で請求

・請求場所:証明書が必要な不動産の所在地を管轄する法務局の窓口で直接請求できます。

※管轄法務局をチェックする→こちら

・請求方法:法務局窓口で申請書を記入し、収入印紙を購入して申請書に貼って請求する

※申請書には「地番」や「家屋番号」を記入する欄があります。

これらは日常使われている住所とは違うので、過去に発行された不動産登記簿謄本を

持っている場合は持参するとスムーズです。「地番」や「家屋番号」が分からない場合は、窓口で聞いてみましょう。

・手数料:1通600円

  • オンラインで請求する

・請求方法:

「登記・供託オンライン請求システム」をひらく

②申請者登録をする

③必要事項を記入し請求する

④後日受け取る

・手数料: 郵送受取→1通500円(直接請求より100円お得!)

窓口受領→1通480円(さらに20円お得!)

 当事務所では、お客様の負担を減らすため当事務所が請求しています!

(直接請求かオンライン請求かは状況により判断させていただいています。)

 

3.ビザ申請のときの注意点

不動産登記簿謄本をビザ申請のときに提出するときは、

証明書の発行日から3カ月以内のものでないといけません。要注意!

お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ