フィリピン人の方が期滞在ビザ申請前に知っておきたい5つのポイント

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 10時~18時)

フィリピン人の方が期滞在ビザ申請前に知っておきたい5つのポイント

日付:2016年2月24日

フィリピン人の方が短期滞在ビザを申請する場合、重要なポイントがあります!

ここでは5つのポイントをご紹介します。しっかしポイントをおさえて確実にビザを申請しましょう!

外国人女性スーツ

1.申請場所

短期滞在ビザの申請場所は、原則、在フィリピン日本国大使館が指定する「代理申請機関」となります。

これらの代理申請機関は民間機関のため、別途手数料がかかる場合があります。

 

【代理申請機関(2015年11月20日現在)】

UHI(Universal Holodays Inc.) 本店
DiscoveryTour,Inc. 本店/セブ支店/ダバオ支店
RAJAHTRAVELCORPORATION マカティ支店/マニラ支店
RELITOURS&TRAVELAGENCY デュシタニホテル本店/SM モール・オブ・エイジア支店/SM メガモール支店/SM サウスモール支店
ATTICTOURSPHILS.,INC ロハスブルバードマニラ本店/トレーダーズ

ホテル内支店/セブ支店

FRIENDSHIPTOURSANDRESORTSCORPORATION 本店/セブ支店
PANPACIFICTRAVELCORPORATION(※) エルミタ支店/マカティ支店/セブ支店

※PANPACIFICTRAVELCORPORATIONでは、日本語で記載された書類の添付が必要な申請はできません。

(その他の代理申請機関は日本語の書類でも申請できます。)

 

2.審査期間

申請内容に問題がなければ審査期間は1週間程度です。

申請内容によっては1カ月ほどかかる場合もあるのでスケジュールに余裕を持って申請しましょう!

 

3.ビザ申請書類

ビザ申請時に提出した書類は返却されません。(パスポートを除く)

しかし申請後、審査の途中で申請人に問い合わせの連絡があることがあります。

その時に備えて、申請書類一式のコピーをとって手元に持っておくといいですね。

 

また、申請書は記入漏れがあったり、押印忘れがあると、たとえ1項目でも書類不備となる場合があります。

申請前にもう一度確認しましょう!

 

 

4.短期滞在ビザの有効期間

短期滞在ビザには有効期間があります!

有効期間は3カ月なので、その期限内に日本に入国してください。有効期間は延長できないので要注意です!

 

5.もしも不許可になったら…

短期滞在ビザを申請しても必ずビザがおりるとは限りません。

様々な理由で不許可になる場合もあります。

それに、不許可の理由は問い合わせたとしても教えてくれないことになっています。

一発でビザがおりるように最善の準備をして申請したいですね。

お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ