「特定活動」ビザ(インターンシップ)の3つの条件

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 10時~18時)

「特定活動」ビザ(インターンシップ)の3つの条件

日付:2016年2月2日

外国人学生

「インターンシップ」とは、大学生が一定期間企業などで

就業体験ができる制度です。

最近日本国内でもインターンシップが盛んにおこなわれるようになりましたよね。

グローバル化にともなって、日本企業でも外国の大学生を

インターンシップで受け入れるケースが増えています。

そんなときどんなビザ(在留資格)をとればいいのでしょうか?

実は、報酬の有無と滞在日数でビザ(在留資格)の種類が変わってくるんです。

このページでは、外国人インターンシップ生のビザ(在留資格)に

まつわるポイントを説明していきます!

 

1.国人インターンシップ生のための3つのビザ(在留資格)

2.インターンシップで「特定活動」ビザを取得するための3つの条件

3.【番外編】「サマージョブ」という受け入れ方

 

1.外国人インターンシップ生のための3つのビザ(在留資格)

【外国人インターンシップ生のためのビザ】

報酬の有無

滞在期間

ビザ(在留資格)

「特定活動」
90日を超える 「文化活動」
90日を超えない 「短期滞在」

 

  • “報酬”とは?

ここでいう“報酬”とは、就労の対価として企業から支払われる金銭を指します。

滞在費(住居費)・渡航費・交通費などは報酬には当たりません。

また、報酬額には特に制限はありません。(上限も加減もありません。)

 

  • 業種や職種の制限はあるの?

業種・職種に特に制限はありません。

ただし、原則として風俗営業に該当する職種はNGです。

 

  • 再入国許可はとれるの?

「特定活動」と「文化活動」の場合は、みなし再入国許可の対象です。

「短期滞在」は対象外で、いったん出国すると査証を取り直す必要があります。

2.インターンシップで「特定活動」ビザを取得するための3つの条件

  • 外国の大学生であること(※通信教育は×)
  • 日本の滞在期間が1年を超えない期間、かつ通算して大学の修業年限の2分の1を超えない期間であること
  • インターンシップが外国の大学の教育課程の一部として行われること

→具体的には、インターンシップに参加することで大学の単位が取得できることが必要ということです!

 

3.【番外編】「サマージョブ」という受け入れ方もあります

「サマージョブ」という言葉を聞いたことがありますか?

サマージョブとは、夏休みなどの長期休暇の間に外国の大学生が日本の企業で就業体験をすることです。

サマージョブで外国人を受け入れる際も、インターンシップ(有償)の場合と同じ「特定活動」ビザが使えます。

 

このときの条件は、以下の通りです。

インターンシップとは違い、サマージョブは夏季休暇などに行われる活動なので、単位取得は条件にはなりません。

  • 外国の大学生であること(※通信教育は×)
  • 滞在期間が、外国の大学で学生(申請人)に対して授業が行われない機関で、かつ3カ月を超えない期間であること
  • 大学と日本の機関との契約に基づき、報酬を受けてその機関の業務を行うこと
お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ