似て非なるもの、「在留資格」と「ビザ」

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 10時~18時)

似て非なるもの、「在留資格」と「ビザ」

日付:2016年1月5日

1.「在留資格」って一体なに?

ビザについて調べていると、必ずと言っていいほど出会う言葉、「在留資格」

みなさんも一度は目にしたことがありますよね。ところが、これがどうもわかりにくい。

サイトによっては「ビザ(在留資格)」と書かれてあったりしてビザ=在留資格?と思ってしまいます。

でも、この二つは全く違うものなんです。ちょっと整理しておきましょう。

 

2.実は別物、「在留資格」と「ビザ」。その正体は?

在留資格は、言葉のまま、その人の「資格」を表すもの。

外国人の方に日本に「在留」する「資格」を与えています。

 

プレゼントでイェーイ

外国人が日本に入国するときに、入国審査官がその人のパスポートに貼られたビザをチェックします。

ビザは外国にある日本大使館が発行する「この人を日本に入国させても大丈夫ですよ」

という推薦状のようなものです。(「ビザ」についての詳しい説明はこちら→

そのため、審査の結果、入国OKとなれば推薦状=ビザのお役目終了。

日本に入国して在留する資格、「在留資格」が与えられます。

 

3.日本では「ビザ」という言葉で大体うまくいく

しかし、日本では、ビザと在留資格はほとんど同じ意味で使われているのが現状です。

厳密には違います!とか偉そうに言いましたが

入国管理局でも、「在留資格の更新」ではなく、「ビザの更新」でフツーに通じます。

 

それでも外国にいる外国人を日本に呼び寄せる場合などは、

まずビザをとって、来日して在留資格をもらって・・・という手続きが必要なので

ビザと在留資格は違うものだと認識しておくと混乱せずにすみそうですね。

 

ちなみにこのサイトでは、在留資格のことを<ビザ(在留資格)>もしくは<ビザ>と表記しています。

お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ