ビザ(在留資格)がなくなる?!5つのケース

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 10時~18時)

ビザ(在留資格)がなくなる?!5つのケース

日付:2017年10月31日

53246727eca5f287d30f2ac6c4312b28_s

苦労して取得したビザ(在留資格)ですが、次のような場合にはビザ(在留資格)は消滅してしまいます。

ついうっかり…でビザ(在留資格)をなくしてしまわないように、しっかり覚えておきましょう!

 

1.在留期間をオーバーしてしまった場合

ビザ(在留資格)を取得すると、必ず在留期間が与えられます。 ※ただし、「永住者」「高度専門職2号」は無期限

在留期間は、1年・3年・5年…と人それぞれです。

ビザ更新(延長)や変更の手続きをしないで在留期間をオーバーしてしまった場合は

自動的にビザ(在留資格)を失うことになります。

在留期間がきても「更新のお知らせ」のようなものは届かないので、自分で覚えておく必要があります。

更新を忘れていた!という場合は、すぐに入国管理局に相談しましょう。

有効期限が切れて間もない場合は、そのまま更新手続きができる場合もありますので^^

また、再入国許可を受けて日本国外にいる場合も、

在留期間をこえるとビザ(在留資格)がなくなってしまうので要注意です!

 

2.在留資格が取消された場合

在留資格の取消しの要件に当てはまり、在留資格を取り消されると当然ですがビザ(在留資格)は失われます。

※在留資格の取消しについての詳しい説明はこちら→(準備中)

 

3.退去強制令書の発付を受けた場合

退去強制の要件に当てはまり、退去強制令書の発付を受けると、ビザ(在留資格)は失われます。

※退去強制についての詳しい説明はこちら→

 

4.死亡・帰化した場合

ビザ(在留資格)を持った人が亡くなってしまった場合や帰化(日本人になる)した場合は

ビザ(在留資格)は消滅します。

 

5.再入国許可を受けることなく出国した場合

再入国許可(またはみなし再入国許可)を受けずに出国してしまった場合は、在留期間中であっても

ビザ(在留資格)を失うことになります。

また、再入国許可を受けていたとしても、再入国許可の有効期間内に日本に入国しなければ

その時点でビザ(在留資格)は消滅してしまいます。

 

せっかく取得したビザ(在留資格)を失ってしまわないように、きちんと自分で管理していきましょう!

そのためには正しい知識を持つことが重要です。

そんなんわからんし不安…、めんどくさい…という方は、是非当事務所にご相談ください!

ビザの手続きから取得後のサポートまでキッチリお手伝いいたします!

お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ