外国人を養子に入れると日本でいっしょに暮らせるって本当?!

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 9時~18時)

外国人を養子に入れると日本でいっしょに暮らせるって本当?!

日付:2016年9月7日

赤ちゃんとお父さん

外国人を日本人の養子に入れると日本でいっしょに暮らせる、と思われるかもしれませんが、

実際は、「特別養子」でない限り当然には認められません。

特別養子とは、原則6歳未満の子どもを養子にする場合で、

実親との法律上の親族関係がなくなる養子縁組のことを言います。

普通養子の場合は、養子の年齢は養親より下であればよく、実親との法律上の関係がなくなることはありません。

 

日本人の特別養子であれば、「日本人の配偶者等」ビザを取得することができますが、

普通養子の場合は、原則として、該当するビザはありません。

ただし、次の条件を満たす場合は、「定住者」ビザを取得し、日本に入国できる可能性があります。

・日本人の普通養子で

・日本人(養親)の扶養を受けて生活する

・6歳未満の者

 

同じように、日本人以外にも、永住者、特別永住者、1年以上の在留期間を指定されている「定住者」の養子の場合も、

養親の扶養を受けて生活する6歳未満の場合に限り、「定住者」ビザで日本に入国できる可能性があります。

 

こうした日本人、永住者、特別永住者、1年以上の在留期間を指定されている「定住者」の扶養を受けて生活する6歳未満の養子が、

「定住者」ビザを取得して日本に入国した後、6歳以上に達した場合も、「定住者」ビザの更新が認められます。

ただし、退去強制事由に該当する場合や、素行不良が激しい場合は更新は認められないので要注意です。

※ちなみに、日本で働く外国人の方の養子の場合は、たとえ6歳以上の養子であっても「家族滞在」ビザが該当します。

 

このように、外国人の方を日本人(または永住者、特別永住者、1年以上の在留期間が指定されている「定住者」)の

養子にしたからといって、必ずしもビザを取得できるとは限らないので注意してくださいね(´・ω・`)

お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ