帰化申請の条件「日本語条件」を徹底解説!

06-4790-2323

(営業時間 月曜~土曜 9時~18時)

帰化申請の条件「日本語条件」を徹底解説!

日付:2016年6月28日

かきかた練習

「日本語条件」は帰化申請するための条件の1つです。

しかし、日本語条件は他の条件とは違って国籍法で定められているわけではありません。

また、日本語能力は永住権の申請では問われませんが、帰化申請では必ず必要な条件です。

 

帰化するということは日本人になるということなので、当然日本語の能力が必要になってきます。

目安としては、日本人の小学校低学年レベルの「読み」「書き」「会話」ができることが必須です。

ということは、ひらがな、カタカナ、簡単な漢字は修得していなければならないということです。

特別永住者(在日韓国・朝鮮人)の方であれば全く問題ありませんが、外国で生まれ育って途中から日本に来られた方や

日本での滞在歴が浅い方などは注意が必要です。

 

帰化申請後の法務局での面談では日本語の会話レベルをチェックされます。

そこで「日本語能力が足りていないかな?」と判断されると日本語のテストを受けなければならない場合があります。

また、帰化申請受付の時点で日本語能力が足りていないと判断されると受付されないこともありますので、自信がない方は注意しましょう。

 

日本語条件はクリアできそう!という方は、他の条件もチェックしてみてくださいね。

 

※帰化申請の条件をチェックする!

・「住所条件」

・「能力条件」

・「素行条件」

・「生計条件」

・「重国籍防止条件」

・「憲法遵守(思想)条件」

・「日本語条件」

お問い合わせバナー
Translate »
TOPへ